大切なペットだからこそ|ペットの病気は動物病院で診てもらう|犬の癌も治療すれば改善可能

ペットの病気は動物病院で診てもらう|犬の癌も治療すれば改善可能

大切なペットだからこそ

ペットの墓

手元に遺灰を残す

ペットと飼い主の関係性は、時代とともに変化しています。ただの愛玩動物としてではなく、大切な友人や家族として愛情を持つ飼い主が増えてきました。ペットが寿命を全うした時にも、専用の葬儀会社に葬儀を頼んだり、ペット供養を行って冥福を祈ることも珍しいことではないのです。ペット供養を行う場合、葬儀の後に遺骨を残しておかないといけません。ペットの火葬を行った後に専用の仏壇に遺骨を納める方法や、遺骨アクセサリーに入れる人もいます。葬儀会社でペットの海洋散骨などを行う場合は、ペット供養用にパウダー状にした遺骨を骨壺に納めた状態で送り返してもらえます。だから後になって気持ちが変わって、ペット供養したくなった場合でも大丈夫です。

肌身離さず身につける

ペット供養の一つの形として注目されているのが、遺骨を納めるアクセサリーです。骨壺に納めて自宅に安置する方法だけではなく、カプセル状のアクセサリーの中に納めることで、大切な存在だったペットのそばにいることができます。常に身につけることで心を癒し、ペット供養をすることができるのです。アクセサリーの種類も、従来の遺骨ペンダントだけではなく数珠上のブレスレットやリング、お守りなど様々な形態が発売されるようになりました。イニシャルや誕生石を入れることができたり、デザインの種類も豊富に揃っているので、アクセサリーとしてのレベルも高くなっています。せっかく肌身離さず身につけるものですから、おしゃれな方がいいでしょう。