ペットの病気は動物病院で診てもらう|犬の癌も治療すれば改善可能

可愛らしい犬種

犬

マルプーは、マルチーズとトイプードルを掛け合わせたミックス犬です。つぶらな瞳、艶やかな毛並みが印象的で、一緒にいるだけで癒されます。ただ昨今は、無理な繁殖をする悪徳な業者が多いです。なので、購入する際は慎重に店を選ぶべきです。

More Detail

ペットがなりやすい病気

ブルドッグ

高齢が原因で起こる

人間と同じように、犬も高齢になると比較的、癌にかかりやすいといわれています。特に10歳以上の老犬になると、癌の発症率はとても高くなります。なぜ高齢になると癌になるかと言うと、体の免疫機能が衰えるからです。若くて免疫機能が活性化していれば、体内で癌細胞が発生してもリンパ球が排除してくれます。しかし、高齢になると、交換神経と副交感神経のバランスが崩れやすくなっていきます。すると、体の免疫機能が上手く作動せず、体内の癌細胞を撃退できなくなるのです。また、高齢の他にも、強いストレスに晒されると、免疫機能が上手く働かなくなります。そのため、高齢の犬、元気がない犬は、癌の早期発見のために定期健診を受けたほうが良いです。

多く見られる病気

犬の腫瘍と一口に言っても、色々な種類があります。その中でも圧倒的に多いのが、乳腺腫瘍と呼ばれるものです。これは、乳房や乳腺にできる腫瘍の事です。特にメスの犬の場合、腫瘍のほとんどが乳腺にできるといわれているのです。犬の乳腺は、人間と異なり、左右に5対とたくさんある事が特徴的です。乳腺腫瘍になると、乳腺にできたしこりは急速に大きくなっていきます。なかには1、2ヵ月と言う短期間で2倍以上もの大きさになることがあります。早期発見のために、犬の胸、脇、下腹部を撫でてしこりがないかチェックするといいです。乳腺に腫瘍がある場合は、乳房に触れるとすぐにしこりだと認識できるからです。スキンシップしながら行えるので、ペットの健康のために習慣にする事をお勧めします。

大切なペットだからこそ

ペットの墓

家族や友人のような存在のペットのために、葬儀や供養を行う飼い主が増えています。散骨する場合もペット供養用に遺灰を少し残してくれるので安心です。手元供養用にペンダントやアクセサリーに遺骨を納める方法も注目されています。

More Detail

あの種類がほしいとき

ドッグ

どうしても欲しい犬種や毛色があっても、なかなか出会えないことがよくあります。そういったときは全国のブリーダーや販売業者を紹介してくれる業者さんに依頼するのが一番です。価格も安いですし、身元もしっかりとしてますので安心です。

More Detail